とってもわかりやすい信用取引講座

信用取引イロハのイとは?

信用取引が何か判らない貴方!それだけで損していますよ。信用取引は現物株式同様、証券会社に口座を開いて取引を行います。 口座を開いたら、まずは入金しますが例えば50万入金していてもレバレッジ効果で約3倍の取引が出来ますので150万分の取引が可能です。但し株価の急落など変動が激しい相場展開が予想される時には、レバレッジを1倍で始めるなどしてリスク管理を行いましょう。売りから始められるのも信用取引の特徴で、空売りと呼ばれ経済情報などで聞きかじった事があると思いますが下げ相場でも利益を生む事が出来るので景気が悪くても使える投資として愛されています。但し無期限のタイプもありますが、殆どの証券会社では6ヶ月で取引満了になり決済します。



リスクと楽しみ方について


信用取引の注意点として想定外の株価変動により保証金と呼ばれる担保を超えた損失が出ると、追証と呼ばれる損失補てんの入金請求が発生します。追証に応じないと強制的に決済され、底値取引になり多大な損失を被る可能性があるので、保証金を多めに入金しておく・レバレッジを1倍に設定するなどリスク管理を徹底します。 信用取引の楽しみ方としてリスク0で、株式優待を楽しめます。買いと売りを両方仕掛けると事務手数料は掛かりますがリスク0で株式優待をもらえますので、事務手数料以上の高額の優待商品がもらえるケースではお得になります。単なる株式取引だけでなく優待を利用したい・株主だけの商品を手に入れたいオタクな人も楽しめる投資方法です。