0円からでもOK!!信用取引

信用取引にはより多くのお金がかかる

信用取引は委託証拠金の数倍の取引ができ、さらに買いからだけではなく売りからも始められるという利点から、株取引の幅を広げて利益のチャンスを増やすことができる利便性が高いサービスです。しかし、証券会社からお金もしくは株そのものを借りるという形式上、現物取引にもかかる通常の手数料以外に別途お金がかかります。 信用取引にかかる最も主要な利用料は、金利です。お金や株を借りてから運用するわけですので、当然その借りた日数に応じて金利がかかり、それが信用取引におけるメインのランニングコストになってきます。うっかり価格が動かない株を信用取引で売買してしまった場合、金利だけで損失が出続けるということにもなりかねないので、注意が必要です。



金利0円でできる信用取引


しかし、この金利を0円にできる信用取引の方法があります。金利がかからないのであれば信用取引にかかるコストは売買手数料のみということになりますが、最近では信用取引においてこの手数料に優遇を付けるサービスを打ち出す証券会社も現われているため、ほぼ0円から信用取引をすることができるようになりました。 この金利を0円にできる信用取引の方法とは、ズバリ「デイトレード」です。金利は日数に応じてかかってくるため、即日決済して日またぎしないのであれば金利がかからないのは当然であると言えます。以前はデイトレでも1日分もしくは所定の金利がかかっていたのですが、「デイトレ金利0円」を謳っている証券会社が増えてきたため、最近は信用取引にかかるランニングコストを気にする必要が無くなってきています。