信用取引、始めてみまんか?

レバレッジ効果で投資の効率を上げよう

株式の取引形式には2通りの種類があり、一つは現物取引と、もう一つは信用取引です。現物取引の場合は証券口座に預け入れたお金の額の範囲で株を購入することしか出来ませんが、信用取引の場合は、一定金額を預け入れていると、その額以上の株の売買が出来るようになります。 自己資金よりも大きい金額を動かせるというのは、一種のテコの原理に例えられており、金融用語としてはレバレッジと呼ばれています。 信用取引の仕組みとしては、預け入れたお金を担保に証券会社からお金を借りて、そのお金でよりたくさんの投資が可能になりますので、現物取引よりも高い利益が期待できるのです。現物取引でなかなか利益幅が出しづらいという方には、最適な取引形式だと言えるでしょう。



信用売りを活用しよう


信用取引の特徴としては、自己資金より多くの金額を動かせるというレバレッジ効果が得られること以外に、信用売りという取引が出来るという点もあります。 信用売りとは、株式を買うという取引とは逆に、株式を売るという取引から入れるようになりますので、値下がりしそうな銘柄を狙って利益を得ることが出来るのです。 信用売りの仕組みは、株価が1000円の銘柄で100株信用売りした場合、100株を証券会社から借りて転売するという行為に相当します。その場合、手元には10万円の現金が残っていますが、証券会社から100株借りていますので、規定日までに返さなくてはなりません。株価が900円になった時に手持ちの10万円の内9万円を使って100株を購入すれば証券会社に借りていた分を返却でき、残りの1万円が利益となります。 このように信用売りの取引には、現物取引にはない戦略が立てられるというメリットがあるのです。